当園のミカン品種紹介
 

ニューサマーオレンジ

日向夏(ひゅうがなつ)とも呼ばれる黄色いミカン。

このミカンの特徴は真っ白な甘皮(皮の舌の白い部分)の独特の芳香と軟らかく甘い果肉のマッチング。

一番おいしい食べ方は、丸ごと薄く皮を剥いてこの白い皮と果肉をバランス良くそぎ取って食べる。
 

ニューサマーオレンジの由来は、1820年に宮崎県の真方氏の宅地内で、偶発実生として発生したが、各地に普及するようになったのはそのずいぶん後である。日向夏、小夏とも言われ、宮崎県、高知県、和歌山県などでも栽培されているが、気候の好みが激しいため、何処でも栽培できる訳ではない。

果実の大きさは200〜300グラム前後、果皮は鮮黄色で光沢があり、剥き易い。独特な香りを有し、風味が良い。果肉は柔軟で果汁が多く、甘味に富み、酸も適当にあり品質は優れている。果皮にはナリンギンが含まれていないため、皮の色のついた部分だけを剥き、皮の白い部分をつけたまま、果肉を切って食べるほうが風味があって良い。
 
 
 価 格
 8`化粧箱入り(税込) 3,200円
 10`化粧箱入り(税込) 4,000円
 
 出荷カレンダ−:5月中旬  〜6月初旬
 
この画面はブライザのボタンで閉じてください。
Copyright @ 2003 Webnanki. All Rights Reserver